福祉施設の作業所さんにハンドピックを依頼

コーヒーの欠点豆のハンドピックを少し前から2ヶ所の福祉施設の作業所さんに一部、お仕事としてお願いすることになりました。


欠点豆の見本をお渡しし、不明な豆が出れば「これはいける豆」「これははじく豆」と納品時に具体的なすり合わせをしながら、進めていただいています。

不明とNG豆を分けるのにいらすとやの絵を貼ったかわいいジップロックを用意してくださいました。

コーヒー豆のハンドピック(ハンドソーティング)とは混入していると風味を損なう原因となる欠点豆を焙煎前と後に取り除く作業です。うちが作業所さんにしていただいているのは焙煎前の生豆のハンドピックです。

コーヒーの焙煎と言っても、実際の作業時間としては欠点豆のハンドピックの時間の方がかなり長いです。作業風景としてはちょっと地味ですが、美味しくクリーンカップなコーヒーを作るためには必須の工程。

とても興味を持って依頼を受けてくださったので本当に助かっています。
今後もこういうつながりを増やしていけたらなぁと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください

この記事を書いた人

目次
閉じる