2周年を迎えて

12月8日に、お店は2周年を迎えました。

お店は2歳になり、僕と妻は33歳になり、長男は3歳になりました。

家族経営のこの小さなコーヒー屋が丸二年をなんとか無事迎えられたのは、来てくださったすべてのお客さまとのご縁のおかげです。ありがとうございます。

今までを振り返るのはもう少し後の作業として、今回はこれからのことを考えようと思います。

ともかくもまだまだ3年目なので、少しでも多くのお客さまに知っていただき、長く続けられる基盤を作ることが今年度の課題だと思っています。

前々回の記事でも書きましたが、焙煎豆の販売エリアをまずは変えていきます。
僕らには美味しいコーヒーをお店だけで飲むのではなく、家でも存分に楽しんでほしい、という思いが根本にあります。
家がカフェライクになってコーヒーの香りが漂えば、毎日はもっと楽しいだろうし、誰かをおもてなししたくなるし、部屋キレイにしたくなるし、音楽かけたくなるし、ほったらかしにしてた小説を最後まで読みたくなるし、ほら良いことずくめだ。
だから、ここを強化します。

後はお店の内装をちょこちょこといじっていきたい。「ゆっくりくつろげるけど、なんだか新鮮」という、家でも職場でもないサードプレースの王道を僕らなりのテイストで目指します。

この辺の内容は、1年目、2年目は意識していてもなかなかできなかったこと。
3年目に入って、ようやく目を向けられるゆとりが出てきました。

多分変化のスピードとしては、「変わりそうでなかなか変わらんけど、こないだ来たらなんかちょっと変わってたわ」というぐらいの速度だと思います。

のんびり気長にお付き合いいただけたらと思います。
3年目もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です