冬こそアイスを食べたい

うちの妻は冬でもたまにアイスを食べます。
外では食べないけれど、温かい家の中で食べる。

 

気持ちはすごく分かる。

温かい環境の中で、冷たいものを食べる。
そのギャップが心地よい。

 

やはりそういう人は多いみたいで、お店でも「アフォガート」というバニラアイスにエスプレッソを注いで食べるメニューが、11月に入って10℃を下回る日が来るようになっても一定数出ます。

アフォガート
ロースターズアフォガート

元々夏限定メニューとして考えていて、涼しくなってきたら終了しようと思っていたのですが、10月に入って立て続けに出た日があり、そのまま今もメニューに載せたまま。

越冬アイス党の妻のアドバイスもあり、多分そのまま冬に突入すると思います。

元々アフォガート自体が温かいもの(エスプレッソ)と冷たいもの(アイス)の複合体なので、もしかしたら旬の季節というのはないのかもしれないです。

 

一方、僕は夏も冬もアイスは食べません。
でも気持ちは理解できる。

その代わり、僕は冬でもアイスコーヒーを飲みます。
妻いわく、「理解できない」そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です